読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトバンクが3年目以降、何時解約しても違約金の掛からない新たな料金プランを6月1日から提供開始 + 現行プランの更新期間を2ヶ月間に延長!

携帯電話会社-ソフトバンク 携帯電話会社

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160309000906j:plain

3月16日、ソフトバンクは加入後3年目(25ヶ月目)以降は何時解約しても契約解除料(違約金)がかからない新しい料金プラン2016年6月1日から提供開始すると発表しました。

 

内容

新しい2年契約プランで「スマ放題」「スマ放題ライト」の契約をすると、契約から3年目(25ヶ月目)以降は何時解約しても契約解除料(9,500円)がかからなくなります。

 

料金プラン 月額料金

(新しい2年契約プラン適用時)

  基本プラン
スマ放題 通話し放題プラン 3,000円
通話し放題プラン(ケータイ) 2,500円
スマ放題ライト 通話し放題ライトプラン 2,000円

 

この新しい2年契約プランは現行の2年縛りが付いているプランに対して月額300円高く設定されています。

なので、いくら25ヶ月目以降は何時解約しても違約金9,500円がかからないとはいえ、現行のプランよりも月々300円づつ多めに支払うようなものなので、契約開始から24ヶ月で300円x24回の7,200円多く支払うことになります。

たとえば31ヶ月間、2年7ヶ月経つと現行のプランより9,300円多く支払うことになり、それ以降に解約すると今の2年縛り付きのプランで違約金を支払うよりも、多く支払うことになります。

この新しい料金プランの契約をするなら「2年以上は契約を続けるけど2年7ヶ月より前には解約する」というようにしないと、現行の2年縛りのあるプランで契約更新期間以外に解約し違約金を支払うよりも結果的には多く支払うことになります。

 

追記

ふと思ったのですが現行のプランでも25ヶ月目と26ヶ月目は違約金がかからない契約更新月なので「2年3ヶ月~2年7ヶ月以内」に解約しないと現状の違約金がとられるプラン(2年縛りあり)よりも多く払うことになりますね。

 

新プランで旧プランよりも多く支払う分の累計

2年3ヶ月 : 300円 x 27回 = 8100円

2年4ヶ月 : 300円 x 28回 = 8400円

2年5ヶ月 : 300円 x 29回 = 8700円

2年6ヶ月 : 300円 x 30回 = 9000円

2年7ヶ月 : 300円 x 31回 = 9300円

 

新たなプランで契約するとなると、この狭い期間中に解約しないと現状のプランよりも支払う額が多くなりますね。

 

 

新しい料金プランで契約をする際にはよく考えてからにしたほうがいいと思います。2年以内に解約する、または2年8ヶ月以上契約を続けるのであれば違約金を支払うことになったとしても、現行の2年縛り付きのプランで違約金を支払ったほうが結果的に安く済みます。

 

※新しい料金プランで2年以内に解約すると、月額料金は今までよりも300円高いのにそれに加えて9500円の違約金を支払うことになります。それなら月額料金はそのままで違約金の9500円だけ支払ったほうが安いです。


 

また現行のプランに関しても、今後は契約更新期間が1ヶ月間から2ヶ月間に延長されます。

ちなみにこの発表の内容はソフトバンク、Y!mobile共通です。

内容

現行の2年縛りのあるプランでも契約開始から2年後の契約更新期間(解約金の掛からない期間)を1ヶ月間から2ヶ月間に延長します。適用されるのは2016年3月末で契約期間が満了になる方からが対象です。

  • 対象となる主なプランは下記のとおりです。
SoftBank ホワイトプラン、通話し放題プラン、通話し放題ライトプランなど
Y!mobile スマホプラン、ケータイプランSS、ケータイプランなど

 

この契約更新期間を1ヶ月間から2ヶ月間に延長するのはNTTドコモと同じですね。

 

 

 

www.softbank.jp


 

hakoroid.hatenablog.com

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村