読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ASUSのエントリーモデル「ZenFone Go(ZB551KL)」が3月下旬に日本でも発売されます!! 追記「楽天モバイルが取り扱いを開始します」

ASUS

スポンサーリンク

 f:id:hakoroid:20160312011458j:plain

3月11日、ASUSジャパンはZenFoneシリーズのエントリーモデル、ZenFone Go(ZB551KL)を日本で発売すると発表しました。

 ZenFone GoはZenFoneシリーズの中でもスマホ初心者が利用することを想定しているモデルで価格もある程度抑えている入門用モデルです。今回日本で発売されるモデルのカラーバリエーションは「ブラック、ホワイト、ブルー」の3色で価格は19,800円(税抜)、3月下旬に発売される予定です。

ちなみに公式通販サイトASUS ZenFone Shopでは既に予約受付を開始しています。

 

Zenfone Go (ZB551KL)の特徴
  • エントリーモデルなのでスマホ初心者でも使いやすいように「簡単モード」が用意されていたり。また子供用の「キッズモード」も用意されています。
  • スマホの画面に指で文字を書くと、それだけで使いたい機能が起動するZenMotionという機能が搭載されています。これは画面上に指でCと書けばカメラ、Wと書けばWebブラウザ、eとかけばメール機能がすぐに起動するという便利な機能です。
  • 日本語入力も優れた日本語変換制度をもつ「ATOK」が最初からインストールされています。
  • 格安モデルではありますがCPU(SoC)にはQualcomm社のSnapdragonでクアッドコアのモデルが搭載されていますし、メインメモリも2GB搭載されているので複数のアプリを切り替えて使用しても問題ありません。
  • 通信はNTTドコモとソフトバンクのプラチナバンドに対応、またLTEに関してはKDDI(au)のプラチナバンド Band(18)にも対応しているようです。ただKDDI(au)の3G(WCDMA2000)には対応していないのでお薦めはできません。

 

格安モデルとは思えないカメラ機能
  • カメラの画素数はアウトカメラが800万画素、インカメラが500万画素でアウトカメラには白と黄色のデュアルカラーLEDフラッシュを搭載しています。
  • カメラ機能は充実していて「美人エフェクト」や「夜景モード」など多くの撮影モードが搭載されています。また「ローライトモード」を使えば薄暗い場所でもフラッシュ無しで撮影可能です。

 流石にエントリーモデルなのでレーザーオートフォーカス機能等の高速なオートフォーカス機能は搭載していませんが被写体が速い速度で動くようなものでなければ普通に使えると思います。

 

 

f:id:hakoroid:20160314005805j:plain

f:id:hakoroid:20160314005811j:plain

 

 ZenFone Go (ZB551KL)のスペック

メーカー ASUS
モデル名 ZenFone Go (ZB551KL)
OS Android 5.1.1 (Lollipop)
ディスプレイ

5.5型ワイド / 解像度 HD (1280 x 720) /

IPS液晶

CPU(SoC)

Qualcomm Snapdragon 400

[ 1.4GHz (クアッドコア) ]

メインメモリ 2GB
内蔵ストレージ 16GB
カメラ (メイン/サブ) 800万画素 / 500万画素
バッテリー容量 3010mAh
サイズ 151 x 76.9 x 10.7mm
重さ 160g
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
通信 (3G) Band 1/2/5/6//8/19
通信 (LTE) Band 1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
microSD microSD (最大64GB)
SIM デュアルSIM (microSIM x 2)
カラバリ ブラック/ホワイト/ブルー
その他

ASUS WebStorageサービス 5GB (永久無料版) /

Googleドライブ 100GB (2年間無料版)

  • 連続待受時間 : 約514時間 (3G) / 約400時間 (LTE)
  • バッテリー充電時間 : 約3時間
  • SIMカードは2枚入りますが同時使用は出来ません、ただし2スロットとも2G/3G/LTEに対応しているのでSIMカードを2枚差して切り替えて使うことは可能です。

 

ZenFone Goについて

 新興国向けかと思っていたZenFoneの格安モデルが日本でも発売されるんですね。流石に少し前にインドで発売されたようなモデルとちょっと違うようですがそれでもZenFoneで税抜き2万円以下はかなり安いと思います。性能を調べてみてもそれほど悪いとは思えませんし、個人的にはミドルレンジモデルのちょっと下の方かなぁと思えるぐらいのスペックだと思います。

特別カメラ機能を重要視する方にはZenFone SelfieやZenFone Zoomをオススメしますが、コストパフォーマンスが良くてそれなりに使える性能の格安スマホがほしいという方や、これからスマホを使用するというスマホ初心者にZenFone Goは最適かもしれません。

 

  • オプション品 (別売)

f:id:hakoroid:20160314005858j:plain

ZenFone™ Go (ZB551KL)専用View Folio Cover(ビューフォリオカバー) 予想実売価格:2,680円(税別)
ZenFone™ Go (ZB551KL)専用液晶保護フィルム(ブルーライトカット加工)予想実売価格:980円(税別)

 

 

 

ASUS ZenFone Shop

 

 

  

3月25日 追記

当初はDMMモバイルで購入しようと思ってたけどなかなか受付が始まらないのでASUS ZenFone Shopで購入することにしました。初めてのZenFone、いまから楽しみです。

購入した色はホワイトで送料がかかってこんな感じでした。

f:id:hakoroid:20160325160401j:plain

今、ASUS Shopから注文を受けましたというメールが届いたのですが、もしかしたら発売日が4月上旬に伸びる可能性があるという注意書きとZenFone Go用の液晶フィルムがちょっと遅れるから後日メーカーから直送されると連絡が来ました。

 

 3月30日 追記

このメールで発売日が4月上旬に伸びる可能性があるというのが、この延期の事だったのかな

 

 

 


5月18日 追記

楽天モバイルもZenFone Goの取り扱いを発表しました。

ZenFone Goの本体価格は19,800円(税別)、また楽天モバイルでは分割払いも可能で891円 x 24回で本体代金を支払うこともできます。

 

そして今、楽天モバイルでは期間限定キャンペーンを実施していて、ZenFone Goの購入者には楽天スーパーポイントが最大1500ポイント付与されます。

※音声SIMとセットで購入すると 1500ポイント、データSIMとセットの場合は500ポイント付与されます。

 

より詳しい内容は下記の公式サイトで確認をお願いします。

【楽天モバイル】

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村