読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ通信量を分け合える格安SIM「mineo」が気に入ったので申し込みしました!!

MVNO-mineo MVNO

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20160305175704j:plain

色々格安SIMを調べている中で、ケイ・オプティコムが運営するMVNO事業「mineo」のサービスに興味が出たので調べてみました。

まずサービス名のmineoマイネオと読みます。

 

mineoはauの回線を利用できる、ちょっと珍しいMVNO(格安SIM)でもあります。

更にサービス開始後、NTTドコモの回線を提供する格安SIMサービスも始めました。(2015年8月)

 

「mineo」の特徴

  • 音声通話付きプラン(デュアルタイプ)に最低利用期間が設けられていないので何時解約しても解約手数料がかからない。

※ただし12ヶ月以内に他社にへMNPする場合は12,420円かかる (12ヶ月以降は2,160円)

  • MVNOには珍しくauの回線を使用できる。 (ドコモの回線を使用するプランも有ります)
  • マイネ王というmineoユーザー専用のコミュニティサイトがあります。

 

mineoの一番の特徴はパケットをシェアできる仕組み!?

mineoには余ったパケットを家族や友達、その他のmineoユーザー同士で分け合える、とても便利な3つのサービスがあります。

  • 家族と分け合う「パケットシェア」 

f:id:hakoroid:20160305174611p:plain

 

  • 友人と分け合う「バケットギフト」

パケットギフトではデータ残容量のうち10MB~9,990MBのパケットを友人にプレゼントすることができます。

f:id:hakoroid:20160305174745p:plain

 

  • mineoユーザー同士で分け合う「フリータンク」「チップ」

フリータンクにパケットを預ける場合は月に10GBまで、貰う時は月に1GBまでです。そしてこれは全てユーザーの善意で成り立っているシステムです。自分が使わない分を他のユーザーに譲り、自分の持っているデータ通信容量がちょっと足りない時にその恩恵に預かる。これはとても良いサービスだと思います。

2016年3月5日現在フリータンク残容量はなんと 9,906,440MBもあります。これはmineoユーザー同士でシェアできるデータ通信容量が10TB(テラバイト)弱あると言うことです。

f:id:hakoroid:20160305174845p:plain

 なかなかおもしろいサービスですね、自分の分だけパケットの余りを翌月に繰越できるサービスは色々な所でやっていますが、他のmineoユーザーとまでデータ通信量をシェアできるサービスは画期的です。

※これらのサービスはmineo契約後、マイネ王というコミュニティに参加すると利用できるようになります。コミュニティに参加するのはもちろん無料です。

 

mineoのプラン

auプラン(Aプラン)

auのスマホを利用するならauの回線が使用できるこちらのプランです。

※VoLTE対応のスマホを使用する場合SIMロックを解除しておく必要があります。

f:id:hakoroid:20160305201203j:plain

 

ドコモプラン(Dプラン)

NTTドコモから発売されているスマホやSIMロックフリースマホとして日本で発売されている端末を使用する場合はこちらのプランを選択することになります。

f:id:hakoroid:20160305204347j:plain

 

月額料金に関しては公式サイトで料金シミュレーターを使いmineoに乗り換えたらどれくらい安くなるか?ということも簡単に調べられます。

 

使用するスマホ(端末)について

そして重要なのは「ドコモプラン対応端末一覧auプラン対応端末一覧」です。mineoで契約する時、同時に端末も購入する予定であればいいのですが、自分が持っているauのスマホをmineoのauプラン(Aプラン)で使用したい場合には注意が必要です。

mineoのauプラン(Aプラン)はauから販売されているスマホ全てに対応しているわけではありません。必ず契約する前に公式サイトのauプラン対応端末一覧で持っているスマホを調べてからにしましょう。

(例)auから発売されているiPhone 6/ 6 Plus/ 6s / 6s Plusには対応していますがiPhone5 /5c/5s に対して完全には対応していません。

※詳細は公式サイトで確認をお願いします。そしてiPhone5シリーズに関しては条件が合えば使える場合もあるようです

 

ドコモプラン(Dプラン)対応の場合は他の多くのMVNOと同じでSIMフリースマホかNTTドコモから販売されたスマホであればまず問題ありません。auのスマホと違って楽ですね。

 

その他

  • デュアルタイプ(音声付きプラン)で他社にMNPする場合(MNP転出)の手数料は2000円かかります、また利用開始翌月から12ヶ月以内のMNP転出はMNP転出手数料が11,500円かかるので注意してください。
  • mineoでは国内メーカー製端末とのセット販売も行なっています。
  • auプラン(Aプラン)で利用する場合データ通信はLTEしか利用できない、デュアルタイプで音声通話を使用する時は3G (CDMA2000)を使う仕様になっているようです。
  • そして公式サイトを開くと右下にサポート対応の女性の絵が表示されチャットやメールで簡単に「お問い合わせ」が出来るようです。公式サイト内でわからないことがあればこちらから問い合わせると簡単ですね。ちょっとしたことでサポートセンターに電話をするのも面倒に感じることがありますし・・・

 

より詳しい内容は下記の公式サイトで確認をお願いします。

月額756円からのスマホ【格安スマホはmineo】

 

※いろいろ調べた結果面白そうだったので「mineo」の契約をしました

 

 

mineoにはマイネ王というコミュニティサイトがあります。このコミュニティは必ず入ったほうがいいですよ。初回特典でデータ通信容量1GBも貰えますし、スマホの事で分からないことがあってもコミュニティで質問するとmineoユーザーがすぐに助けてくれます。僕もよく見てますが質問してからの回答が本当に早いですよ。

king.mineo.jp

 

 


 

4月7日 追記

申し込みをしていたmineoのSIMカードがようやく届きました。やはり申し込みが多いようで申込みからSIMカードの到着まで約1週間かかりました。

さっそく購入したばかりの格安スマホ「ZenFone Go」に入れて使いたいと思います。

f:id:hakoroid:20160408133249j:plain

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村