読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドコモがXperia Z5/Z5 Premiumを投げ売り!? 今だけ「端末購入サポート」で安く買える!! 追記「3月31日までXperia Z5が安く買えます」

携帯電話会社-NTTドコモ 携帯電話会社 Xperia

スポンサーリンク

 

f:id:hakoroid:20151230011014j:plain

ドコモが2015年12月28日(月)~2016年1月4日(月)までの期間限定で「端末購入サポート」にXperia Z5 (SO-01H)Xperia Z5 Premium (SO-03H)を追加しました。

端末購入サポートではMNPで乗り換えの方を対象に12か月の継続契約を条件として割引が適用されます。

 

端末購入サポート割引額はXperia Z5 (SO-01H)で52,272円(税込)、Xperia Z5 Premium (SO-03H)で44,064円(税込)です。そしてMNPでの乗り換えなので「のりかえボーナス」も付きますし、当然「月々サポート」も併用されます。また他社からMNPで乗り換える際に適用されるのりかえボーナスも今はキャンペーン期間中で1月11日(月)までは21,600円(税込)の割引が受けられます。

 

来年からは各キャリア実質0円や高額キャッシュバックを利用したセールスができなくなるのでXperia Z5/Z5 Premiumを安く購入できる最後のチャンスになるかもしれません。以前から購入を検討している方はこのキャンペーンを利用してはいかがでしょうか。

 

詳しい購入代金は公式サイトのシミュレーションを利用すると実際の金額が出てきますよ。

Xperia(TM) Z5 SO-01H | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

Xperia(TM) Z5 Premium SO-03H | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

 

注意事項

ただしこのキャンペーンを利用して購入する場合の注意事項があります。

 

規定利用期間

購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12か月

【指定パケットパック/シェアオプションの注意点】
規定利用期間を過ぎるまでご契約が必要です。廃止予約のお申込みにより規定期間満了と同時にパケットパック/シェアオプションを廃止した場合、割引額返還(解除料)が発生します。

※パケットパック/シェアオプションを規定利用期間を過ぎるまでご契約いただいた場合、最低14か月分(購入日(開通を伴う場合は開通日)が1日の場合は最低13か月分)の定額料がかかります。

割引額返還(解除料)の発生条件

端末購入サポートにて対象機種をご購入の回線で、規定利用期間を超える前に、下記の手続きを行った場合お申込みいただいた月のご利用料金に合算して請求いたします。

【割引額返還(解除料)の対象となるお手続き内容】

    • 1. 機種変更を行った場合
    • 2. FOMAへ契約変更を行った場合
    • 3. 回線の解約、電話番号保管を行った場合
    • 4. ドコモの指定パケットパックの廃止・廃止予約、ドコモの指定パケットパック以外への変更・変更予約を行った場合
    • 5. ドコモの指定基本プラン以外への変更・変更予約を行った場合

詳しくは割引額返還(解除料)の発生条件等の詳細については、端末購入サポート規約をご確認ください。

 

ここに書いてあるのですが購入時の時に条件となるパケットパック/シェアオプションを14ヶ月以内に廃止してはいけません。また12ヶ月以内に機種変更やFOMAへ契約変更、解約、ドコモの指定基本プラン以外への変更等も行なってはいけません。この条件に違反すると割引額返還(解除料)が発生します。つまり違約金を取られます。

短期間での解約を考えている場合はこのキャンペーンを利用するのはやめておいたほうが良さそうです。でも普通に2年間ぐらい使うつもりならこのキャンペーンはとてもおすすめですよ

 

www.mydocomo.com


12月31日 追記

本日、某家電量販店に行く用事があったので携帯電話の売り場でドコモのXperia Z5(SO-01H)の価格(MNPの場合)を見てきました。当然ですがしっかりと「端末購入サポート」と「のりかえボーナス」の割引がされていました。

  • Xperia Z5 (SO-01H)の本体代金 : 93,312円(税込)
  • 端末購入サポート : -52,272円(税込)
  • のりかえボーナス : -21,600円(税込)

支払金額は19,440円(税込)

そしてこれに月々サポートで「-1,296円(税込)/月 x 24回」がついて割引額の合計が-31,104円(税込)実質負担額は-11,664円(税込)になっていました。

 

もちろんXperia Z5 Premium (SO-03H)も同じように割引が適用されていました。ただXperia Z5 Premiumは端末購入サポートの割引額がZ5に比べて少ないので実質負担は17,928円(税込)になっていました。流石にこちらは0円にはなりませんでしたね。

来年は過剰な値引きやキャッシュバックがつかなくなるはずなのでスマホ本体の代金が上がりそうですが、その分しっかりと基本料金等で安いプランを用意してもらいたいですね。

総務省の有識者会議がまとめた報告書通り、データ通信等の利用が少ない人向けの月額5,000円以下になる低価格プランが作られて簡単に選択できるようになればいいのですが・・・

 

 


3月24日 追記

またXperia Z5 (SO-01H)が端末購入サポートの対象に追加されました。

 

hakoroid.hatenablog.com

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村