読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coviaから新放送サービス「i-dio」対応のSIMフリースマホ「i-dio Phone」が発売されます!!

スマホ

スポンサーリンク

f:id:hakoroid:20151220003147j:plain

12月17日、コヴィアが新放送サービスi-dio、ワイドFMラジオ、地デジ(ワンセグ放送)対応のi-dio Phoneを販売すると発表しました。発売日は12月21日(月)で価格はメーカー直販のFLEAZ Directで32,184円(税込)です。

 

 Coviaの公式サイトにi-dioについての説明が載っていました。地デジ化によりアナログテレビで使用されていたUHFの電波があいていたんですね。i-dioのサービス自体は2016年3月より「福岡、東京、大阪から放送開始」との事です。

※2016年以降全国で順次放送開始予定

「i-dio」は、TOKYO FM / JFN 他各社が推進する新放送サービスです。
これから誕生する新しい地上波放送はアナログテレビがデジタル化しUHFに移行した「跡地」を使い、 主に移動体端末(例えばスマートフォンやカーナビ等)に向けて送る全く新しい放送が「マルチメディア放送」です。 i-dio Phoneはこの新放送サービス「i-dio」にいち早く完全対応したスマートフォンです。

 

www.i-dio.jp

 

i-dio Phoneの仕様

モデル名 i-dio Phone
OS Android 5.1 (Lollipop)
ディスプレイ 5インチ / 解像度 HD (1280 x 720)
CPU (SoC) クアッドコア [ 1.2GHz ]
メインメモリ容量 2GB
内蔵ストレージ 16GB
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 200万画素
バッテリー容量 3000mAh
通信 (3G) [W-CDMA] 2100MHz(B1)/800MHz(B6)
通信 (LTE) 2100MHz(B1)/1800MHz(B3)/800MHz(B19)/1500MHz(B21)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
本体サイズ 143.7 x 71.5 x 10.6mm
本体重量 158g
Bluetooth Bluetooth 4.0
microSD microSD (SDHC対応)
SIMサイズ microSIM
その他 地デジ(ワンセグ)対応/テザリング機能

 

電波はドコモ網に合わせてありFOMAプラスエリアプラチナバンドに対応しています。そしてLTEの1500MHz(B21)と少し珍しいバンドにも対応しているようです、この1500MHz(B21)は北海道、東北、四国、北陸など地方都市で使用されている電波なのでi-dio Phoneは地方都市でも電波の受信感度が少しよくなるかも・・・

それとバッテリー容量が大きいですね、やはりマルチメディア対応を謳っているので動画を視聴中に頻繁にバッテリー切れが起きないよう対応しているのでしょうか。

 i-dioがどのような放送をするのかまだわかりませんが、外出先でもスマホで視聴できるのはいいですね。

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村