「IIJmioウェルカムプラン for イオン」の契約をしました。補足:SIMを開通させる作業 (APN設定)

スポンサーリンク

IIJmio ウェルカムプラン for イオン

この前の記事では、パッケージの紹介だけで実際にスマホに格安SIMを入れて通信するまで流れを紹介していなかったので、補足したいと思います。

【前記事】

「IIJmioウェルカムプラン for イオン」の契約をしました。「補足:SIMを開通させる作業」 - Z3C備忘録


 

 「IIJmioウェルカムプラン for イオン」でSIM入りのパッケージが購入できるのですが、実際の開通作業はIIJのホームページ上で行います

f:id:hakoroid:20150806214027j:plain

 

このバッケージを購入すると中はこんな感じになっています。

f:id:hakoroid:20150806214035j:plain

 

右上が「nanoSIM」でその下に「START PASS」というカードが入っています。

左上の「01 サインアップ」の所に書いてあるIIJmioのページを開いて

個人情報や支払いの為のクレジットカードの登録を行います

https://www.iijmio.jp/start/index.jsp

 

その際に、「START PASS」の裏側に書いてある電話番号とパスコードが必要になります。そして登録が完了するとすぐにnanoSIMが利用できるようになります。

 

データ通信に必要なAPN設定

SIMカードの開通作業が完了すると、音声通話は直ぐに利用可能になりますが、まだこの状態だとデータ通信は出来ません。

ドコモが販売しているスマホやタブレットの場合、データ通信に必要なAPNという設定がドコモ標準の「SPモード」になっている為、ドコモ以外のSIMカードを入れた状態ではデータ通信ができません。

google chrome

その状態でGoogle chromeを起動するとこんな感じになります。

 

そこで新しく「IIJmio」の格安SIMでもデータ通信ができるようにAPNの設定を行う必要があります。

ドコモから購入したAndroidスマホ「Xperia Z3 Compact」の場合

設定→その他の設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名

という所を開くとこんな画面が出ます

アクセスポイント名

 

上の画像にある「IIJmio」今回は新たに作ったものですが、IIJmioのデータ通信SIMで通信する場合は、まず初めにこのAPN設定を行う必要があります。

この「APN」を作るには右上の「+」をタップし次の画面で「アクセスポイントの編集」を行う必要があります。その際に必要な情報は下記の通りで

APN iijmio.jp
ユーザ名 mio@iij
パスワード iij
認証タイプ PAPまたはCHAP

これらの項目に必要な情報を入力し「APN」を作成すると直ぐにデータ通信が可能になります。

APN設定の方法はパッケージや付属してくる冊子にも書かれていますし、IIJmioの公式サイトでも詳しく説明されていますので、初めての時はそれらを確認しながら設定すると良いかもしれません。

 

解約する場合「SIMカード」の取り扱いについて

MVNOでは、契約終了の際はSIMカードを返却してください。返却が確認出来ない場合はその分の料金も請求しますと書いてある会社もあります。

ですが、IIJmioは返却しなくても料金を請求したりはしないようです。

これはちょっと安心しました、解約時に返却するのはちょっと面倒なので自分で廃棄できる方が楽ですよね。

ただし必要無くなったSIMカードは必ずハサミで端子部分を切ってから廃棄しましょう。通信ができなくても電話帳などの情報をSIMカードに入れて忘れている場合があるので、これは忘れずに行ってくださいね。

大手携帯電話会社のショップでもSIMカードは必ず裁断してから廃棄するようにしています。

SIMカードを返却できなかったらどうなりますか?|IIJmio

 

IIJmioモバイルサービス

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村