「AGEphone」 というスマホを「ひかり電話の子機」にできる便利なアプリがあります。

スポンサーリンク

インターネット

 

bylines.news.yahoo.co.jp

 

先程いつものようにネットを巡回していた時、ちょっと気になる記事を見つけました。それは「IP電話の脆弱性を利用した詐欺事件がまた流行っているようです」というこの記事のなのですが、この記事の中で面白そうなアプリが紹介されていました

ちなみにこのYahoo!ニュースの中ではあまり好意的な紹介はされていません (笑)

 

www.go-next.co.jp

こちらの記事によると、「ひかり電話用ルーター」の無線LANに「AGEphone」というアプリをインストールしたスマホをWi-Fi接続するとスマホが「ひかり電話」の子機として利用できるようです。

ここまでならスマホを家の中で内線のようにして使えるだけですが、これを外出先から利用する方法があるそうです。まず、自宅の「ひかり電話用ルーター」に外出先のスマホからVPN接続します。そしてその状態で発信すると自宅にある「ひかり電話用ルーター」から発信することになりスマホはデータ通信をしているだけで発信はしていないことになります。当然通話料は発生しません。

これならスマホの通話料を節約できますね。ただモバイルデータ通信を行うのでパケット料は発生します。そして相手には自宅の電話番号が表示されることになります。

※Wi-Fiスポットなどを利用すればパケット量も節約できるかな?

 

 

e-words.jp

 

これは、なかなか面白い発想ですね。確かに外出先から自宅のネットワークに安全に接続できたら色々便利に使えそうですよね。

例えば自宅のLANの中にNAS等があれば、そこにアクセスしてデータを保存したり取り出したりも出来ますよね。

 

あとは自宅にペットを飼っていて様子を見たい時、予め家の中にWEBカメラやネットワークカメラを設置しておけば、そこにアクセスしてペットの様子を観察したりも出来ます。

そう言えばそういう商品があったなぁ~

 

 

 

 

ちなみに記事の中では「ダイナミックDNS」の設定はちょっと面倒と書いてありましたが、下記のような機能が始めから付いている無線ルーターを使用すればそれほど難しくは無いと思います。

リモートアクセス|バッファロー・ダイナミックDNSサービス

後は外出先から自宅の様子を見るためにネットワークカメラを設置するというのもありですね。自分がいない時のペットの様子を確認するのに良さそうです。

ただ、家族間でもプライバシーの問題はあるので設置する時は家族でよく話し合う必要があります。間違っても盗撮みたいなことにはならないように注意してくださいね。

 

 

所感

普段手元にあるスマホがアプリを入れるだけで「ひかり電話」の子機にもなるというのはとても便利ですね。「AGEphone」アプリの設定はちょっと時間がかかるかもしれませんが一度設定してしまえば、自宅のどこからでも、スマホで家の固定電話が使えるようになります。

部屋にいる時、固定電話のところまで行くのが面倒だからという理由で手元のスマホから発信とやっていると、あっという間に通話料が増えてしまいます。かけ放題サービスを契約しているのなら問題ありませんが、そうでない場合、通話料金って意外と高く付きますよ。

自宅でひかり電話を契約していて「AGEphone」に興味が出たという方は、下記リンク先でより詳しい説明や使い方を見てみてください。

flets.com

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村