読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM(MVNO)の普及速度がスゴい!

MVNO

スポンサーリンク

SIMカード

 

 

  通信大手の回線を借りてサービス提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の市場規模について、MM総研は17日、3月末時点の契約数が3045万件で、前年比2.1%倍に増えたとの調査結果を発表した。

 スマートフォンなどを低料金で使える「格安SIM」などが牽引(けんいん)し、モバイル市場全体(1億7670万契約)に占めるMVNOのシェアは7.8ポイント増の17.2%とほぼ倍増した。

Yahoo! JAPAN

 

MVNOいわゆる格安SIMの回線数が1年で約2倍に増えているようです

新しいサービスが普及していく時というのは

本当にあっという間なんですね

 

去年ぐらいだと一般的にも

「なんか通信速度がかなり遅いけど安く使えるSIMカードが

売られているらしい」ぐらいしか知られていなかったと思うのですが

今ではニュースサイトで頻繁に記事が上がったり

雑誌で特集が組まれる状態です

 

今では一般的にも格安SIMやMVNOという言葉はわりと認知度がありますからね

 

sp.oshiete.goo.ne.jp

 

それに最近だと格安SIMの通信速度も普通に3代キャリアで

契約する場合とほとんど違いはなく通信容量の制限も

最低プランでむしろ格安SIMの方が多いぐらいですからね

 

ただドコモ、au、ソフトバンクと違うのはキャリアメールを使えない

対面でのサポートがまだあまり整っていないという事ぐらいでしょうか

あとは現状だと通話に関しては格安SIMの場合はあまり力を入れていないのか

とりあえず付いているような状態なのかもしれません

それでもOCNモバイルONEIP電話の利用を進めて通話料金の安さを謳ったり

NifMoに関しては通話し放題サービスを打ち出してきています

 

サポートに関しては家電量販店でカウンターが設置され始めており

どんどんその状況は改善されていきそうです

 

使用するスマホに関してもMVNOでいわゆる格安スマホ等が

割賦払いで購入することも可能で総額で月額3000円弱で

利用できることを考えるとこれからもどんどん格安SIM(MVNO)に

移る人は多くなりそうです

 

 少し前に書いたこの記事で紹介している

ファーウェイ P8 liteというスマホはそこそこ性能はいいのに

約3万円で買える格安スマホです

hakoroid.hatenablog.com

 

 

日本製のスマホでもXperia J1 Compactがそこそこ安く売られています

(厳密には国産とはちょっと違うかもしれません)

hakoroid.hatenablog.com

 

この状況が更に進むとむしろ大手の通信会社が苦しくなるのかもしれませんね

 

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村