読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になったXperia M4 Aqua Dual (E2363)のスペックを調べてみました

Xperia

スポンサーリンク

Xperia M4 Aqua (E2363)

Xperia M4 Aqua Dual (E2363)のスペックを調べてみました

 

 

まず調べている最中にわかったのですがXperia M4 Aqua とはいっても沢山の種類があるようです。デュアルSIM対応のものとそうでないもの

そして色々な国で発売されるので対応Bandが違うモデルが何種類も出てきました。

とりあえず、アジア向け?だと思われるE2363というモデルのスペックを調べました。

基本的なスペックは他のXperia M4 Aquaと同じようです

 

SIMスロットとモデル名はこんな感じです

シングルSIMタイプ E2303、E2306、E2353
デュアルSIMタイプ E2312、E2333、E2363

 ※シングルSIMはSIMカードが1枚のみ入るモデル、デュアルSIMはSIMカードが2枚入るモデルです。

 

そして今回調べたのは右下のデュアルSIMタイプです

Xperia M4 Aqua Dual(E2363) スペック一覧

メーカーソニーモバイルコミュニケーションズ
OS Android 5.0 (Lollipop)
ディスプレイ 5インチ 解像度 1280 x 720
CPU Snapdragon 615 (オクタコア) [1.5GHz + 1.0GHz] 
メインメモリ容量 2GB
内蔵ストレージ 16GB
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 500万画素
バッテリー容量 2400mAh
通信 (3G) WCDMA  : 900/850/1900/2100MHz
通信 (LTE) LTE  : Band1/3/5/7/8/28/40
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n
本体サイズ 145.5 x 72.59 x 7.3mm
本体重量 135g
Bluetooth Bluetooth4.1
カラー Black/White/Coral/Sliver
その他 GPS、NFC、microSD対応(最大128GB)、防水/防塵(IP65/68)

 

通信 [LTE/3G (W-CDMA)]

  • 通信(3G)は(下り最大42.2Mpbs/上り最大 5.76Mbps)で通信できます

UMTS HSUPA(Cat.6 : UP 5.76Mbps) , UMTS HSDPA (Cat.24 : DL 42.2Mbps)

  • 通信(LTE)は(下り最大 150Mpbs/上り最大 50Mbps)で通信できます

LTE Cat.4 (UP : 50Mbps, DL 150Mbps)

 

基本スペックについて

OSはAndroid 5.0(Lollipop)です。ですが最近、Xperiaグローバルモデルのファームウェアアップデートの予定が発表され、Xperia M2 AquaにAndroid 5.1の提供が決まりましたから、もしかすると近いうちにAndroid 5.1のファームウェアも提供されるかもしれませんね

 

hakoroid.hatenablog.com

 

ディスプレイは5インチなので結構大きそうです

CPU(SoC)ですがSnapdragonのオクタコアで最大1.5GHzですから

かなり快適に使えそうな気がします

メモリも2GBあれば大丈夫ではないでしょうか

内蔵ストレージは16GBなら大丈夫だと思いますけど

もし足りなそうな場合はmicroSDで補えば大丈夫かな

 

メインカメラも1300万画素あれば問題なさそう

インカメラが500万画素ありますね

 

バッテリーは2400mAhです、そしてなんといっても

XperiaにはSTAMINAモードという便利な

機能が標準搭載されています、しかもグローバル版なので

更に強力な機能になっています

 

hakoroid.hatenablog.com

 

防水/防塵の機能はやはり安心できます

少し前までは携帯電話に水は大敵でしたし

ヘタすると汗でもダメになったりしますからね

 

以前は主流だったガラケー時代

電池パックのところを開けると水に対して

反応するシールが貼ってあったのを覚えていますか?

あの水が付着すると赤くなるシール

汗でも反応しますからね

その状態でショップに持ち込むと「水没」扱いです

自然故障ではないので保証が受けられないという

ちょっとした罠です

 

防水機能は本当にありがたい機能です

 

そしてグローバルモデルを利用する際に重要な

対応周波数(Band)ですが

3Gは2100MHz(Band1)にドコモとソフトバンクが対応しています

そしてソフトバンクが900MHz(Band8)に対応しています

auはそもそもWCDMAではなくCDMA2000という方式を

採用しているので無理ですね

 

LTEはB1/3/5/7/8/28/40のうちドコモでは

Band1,Band3,Band28が対応です

Band1は全国、Band3は東名阪エリアのみ利用可能

 

 

そしてBand5,7は日本では利用されていません

Band8はソフトバンクで利用可能なバンドです

Band40はTD-LTEで日本では使用されていません

 

基本的にBand1に対応していれば全国の都心部では普通に使えそうです

山間部や電波の届きにくいところのためにプラチナバンドに対応していれば

バンド的には結構安心です

 

hakoroid.hatenablog.com

 

 


6月19日 追記

 8GBのタイプはプリインストールされているアプリが

アップデートされると空き容量が極端に減ってしまい

空き容量が約1.26GBにまでなりますご注意ください

 

 

 

日本人スタッフ対応の安心海外通販。【Etoren.com】

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村