読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MediaTekがスマホ向け低発熱SoC「Helio P10」を発表!

その他(日記) スマホ

スポンサーリンク

Helio P10

 

 

最近ハイエンドのスマホについて記事を書くことが多く、その場合搭載されているCPU(SoC)はSnapdragon 810が多かったので発熱が心配と書くことが多かったのですが、MediaTekから低発熱のCPU(SoC)が発表されたという情報を見つけたので、そのCPU(SoC)について調べてみました。

 

 CPU ≒ SoC ?

ちなみにスマホに搭載されている演算装置はCPU単体と言うよりはSoC(System-on-a-Chip)となっていて、開発メーカーからスマホの製造メーカーにSoCとして販売されることが一般的のようです。便宜上CPUと記載していますが実際には複数のチップが載っているチップセットとして出荷されているようです。

e-words.jp

 

Helio P10 (MT6755)の仕様

まず開発メーカーはMediaTek、64bitのオクタコア仕様でCPUはCortex-A53「1.1GHz x4 + 2GHz x 4」(合計でコア8個)です。

そして通信速度はLTE (Cat.6)仕様で「下り最大300Mpbs / 上り最大50Mpbs 」に対応しています。

 

リリースは2015年末以降、ミッドレンジ向けSoCと書かれています。

MediaTek Helio P10

MediaTek announces Helio P10 Mainstream SoC

 

赤い枠で囲った部分が今回発表されたHelio P10の仕様です。

このCPU(SoC)はミッドレンジのスマホに搭載される事になりそうです。またHelio P10 (MT6755)は低発熱の設計で作られているようなので、性能だけではなくその点も安心して使えるところですね。

それでも演算処理の性能は気になります。ベンチマークでどの位のスコアが出るのか気になりますね。

 

 


 

5月22日 追記

ソニーから発売されるミドルハイクラス、Xperia XAとXperia XA UltraにHelio P10 (MT6755)が搭載されているようです。

これらが発売されたらベンチマークも出てきそうですね。

にほんブログ村に参加しています。
よかったらポチッとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村